A moment of... -2-

大和ミュージアム

d0259885_011159.jpg
5D mark3 + EF24-70mm F2.8L USM


「てつのくじら館」のお隣には、「戦艦大和ミュージアム」(^o^)
世界最大の戦艦大和の1/10スケールの大和のお出迎え。
1/10でもそのスケールは壮大。
実物大だったらどんなに迫力があるのかってくらい!

作製まで日本が辿った経緯など、いろいろと戦時中の問題点はあるものの、
単純にこれを作り上げたと言う技術力はやっぱり凄いと感心せざるを得ません。
これを作り上げる技術力が今も日本の製造業の礎となっているんだろうなぁ。
この巨大戦艦、最強と謳われた実力のほどは・・・
沖縄特攻作戦へと向かう途中に撃沈されてしまった為になんとも言い難いですが・・・
最大級の主砲を抱える弾薬庫が敵の攻撃によって引火、誘爆してしまい、船体が真っ二つとなり沈没。
今も海の底で眠っています。


d0259885_012135.jpg
5D mark3 + EF24-70mm F2.8L USM


大和を見上げる息子。
1/10スケールでもデッカイなぁって驚いてました。
本物がいつか引き上げられたりしたら、その大きさに更に驚くでしょうね。

ちょっと前まで放送されていた「宇宙戦艦ヤマト2199」を見ていた息子。
   「大和とヤマトってどっちが先で、どっちが真似したの?」
   「波動砲の穴が無いね?」
なんて聞いてくる・・・
時代の感覚が無いにせよ、宇宙戦艦を見て、戦艦大和を作ったとしたらある意味凄い(^^ゞ
大戦中、波動砲なんて撃てたらどうなっていた事か・・・

さらに娘も息子と一緒にヤマトを見ていたため、ミュージアムの中に入るなり、
   「さらば~、地球よ~♪」
と歌い出す・・・
モチロン、ミュージアムに来ている人は笑ってました(^o^)

一応・・・、私は宇宙戦艦ヤマト世代ではないので、見たこと無かったんですよね・・・
宇宙戦艦ヤマト2199で初めて見たクチです。
これを見て、見に行こうとしたわけではなく、元から戦艦大和を作り上げた技術にエンジニアとして
興味があったので見に来ました。
子供たちにとっては、宇宙戦艦ヤマトの延長として、見に来た感覚なので、それはそれで興味があったようです(^o^)


これ以上、息子たちが戦艦大和と宇宙戦艦ヤマトを間違えないようにポチッと応援お願いします。




皆さんからのポチっと応援を毎日の励みに頑張ってます(^^♪

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村



[PR]

皆さんからのポチっと応援を毎日の励みに頑張ってます(^^♪
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 ランキング参加中!

いつも沢山のコメントありがとうございます。

by bobo-photo | 2013-10-15 23:56 | - 息子スナップ